氷の上のさかな

氷の上にディスプレイされたさかなの様にセカンドライフをキラキラとさせる為に今を頑張ろうといったシュールなお話。

闘病日記

ふぉーいわええあほんはひはひはふ(そー言われればそんな気がします)

皆さ~ん!歯医者に行ってますか~! ある意味、歯だけが元気だったら健やかな人生が送れる様な気がしていたが、老眼に白内障を患ってからは歯だけでは生きられんと今になって気がついた自分はいろ~んな意味で考えがスイート。 とはいえ歯はやはり大事だ。…

それ機械じゃなくてあなたのせいです&トイレにまつわるピーカーブー!

姪の出産祝いにと祝い金を包んで送っておいた。ところが「あて所に尋ねあたりません」とスタンプが押され戻ってきてしまった。「結婚しました」の知らせを手紙で受け取った先に送ったのだったが、どうやら知らぬうちに引越しをしていた様だ。 本人に電話をし…

「あなた、ご自身の年齢を自覚してらっしゃいますか?」

目玉親父は口もないのに何故、話せるのだろうか? などと考えたのには歴とした理由がある。PCやスマホを見ることによる目の酷使から来たのだろう、右目の眼球が痛みに悲鳴をあげだした。自分の知る限り、悲鳴をあげることが出来る眼球は目玉親父をおいて他に…

蛇の穴を巡るレンズ

マニアというわけではないが、約1年一回「大腸内視鏡検査」を受ける様にしている。 大量の下剤を飲まされる 凡そ男性たるもの、体内に、それも下半身に異物を挿入されるということを受け入れるには相当な覚悟が必要かと想像出来る。そこは女子と違い男子の…

あくまでも高血圧のクスリだと言ってはばからないアラフィフリターンライダー(フィクション)

想像してみて欲しい。ここに一人のバイク乗りの男がいる。いわゆるアラフィフと呼ばれる世代だ。一見健康そうに見えるものの、実は血圧が高いことを密かに悩んでいる。見た目だけでは判断し難い「中年あるある」な話だ。因みに彼の小遣いは月々3万円と聞い…

毛抜きひとつに見る道具考

目下の悩みはなんですか?と尋ねられたら先日もちょいと触れた秋の花粉症と既に長い付き合いとなった逆さまつ毛と答えるだろう。因みに目下は「もっか」と読み「めした」ではない。 fish-on-ice.hatenablog.jp 今からかれこれ20年前、30代も半ばの頃から40代…

避けては通れぬ健康への道

この年齢になると『健康』の2文字が意識しないまでも脳裏をかすめる。ドラッグストアに寄ると目的とは別にサプリメントの棚の前に、それも無意識の内にいつの間にかいたりすることが最近よくある。健康に留意しているといえば聞こえが良いが、何のことはない…

頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)・お経ではない。

ここ最近、左手の麻痺が止まらない。まるで麻酔をかけたかの様に皮膚の表面にボーッとした感覚が宿っている。中々、言葉で表現することは難しいが、例えば「もう、あなたっていぢわる~」などと言われながら雨宮塔子辺りに手の甲をギュッとつねられたとする…