氷の上のさかな

氷の上にディスプレイされたさかなの様にセカンドライフをキラキラとさせる為に今を頑張ろうといったシュールなお話。

岐阜自慢

愛すべき「アホ」

長女が通う高校も、先週まではリモートだったが今週から通学へと切り替わった。特別支援校なので元々クラスは少人数制だ。密になることはあり得ないが万が一ということもある。自分で症状を伝えにくい子も中にはいるので先生もナーバスにならざるを得ないだ…

今更ながらバスケットってなんだっけ?を知る@岐阜県山県市「山県ばすけっと」

「ご出身は?」 と訊かれ 「やまがた市です」 と答えると、そこに住民票を持つもの以外、全ての国民が山形市だと勘違いする。それが「山県市(やまがたし)」だ。一応、岐阜県にある。 そのどうしても山形に見下されてしまう山県市民にとって、少しは見返す…

「ムーンライト・セレナーデ」な純喫茶@「珈琲屋スイス」

工事現場から響く日中の騒音でここのところ睡眠不足に悩まされていた。このままでは睡眠障害にでもなりかねない。たまの休日だ。アホほど寝てやる!とはいえ、小心者の自分が言うところのアホほどはせいぜい午前8時くらいまでだ。それに9時には携帯ショッ…

そこに「このはのこ」はいなかった@岐阜県七宗町「納古山(のこやま)」

上から読んでも下から読んでも「このはのこ」。彼女は今頃、何をして生活しているんだろう。そもそも、まだご存命なのだろうか。顔も思い出せねぇ。というわけで、すっかり過日の話になるが岐阜県は七宗町にある「納古山(のこやま)」に行ってきた。 行った…

一日中モーニングサービスの店はモーニングサービスしかやっていなかった件

何も山遊びにばかり明け暮れたわけではない。日曜日の話だ。週に「たった」1日しかない休みだ。寝る間も惜しんで有効活用せねば勿体ない。というわけで、予てより行ってみたかった中華料理屋を目指し岐阜県は揖斐郡にインシテミル、じゃなくてインしてみた…

きれいきれいしましょ♫

「明日」の持つ意味は「あけぼのよりも明るく既に夜が明けた状態」のことだそうだ。では枕草子に倣っていってみよう! 「春は明日」。なんだそれ。明日どころか昨日の話になる。その「明日」である午前8時。岐阜県を代表する有志が駅前に集い一斉清掃を行っ…

ペヤング「獄激辛」な雪山登山@岐阜県「池田山」

滋賀県と岐阜県にまたがる山地を「伊吹山地」と呼ぶ。その山地の山のひとつに標高923.9mの「池田山」という山がある。麓には良質な天然温泉が湧き出る「池田温泉」があり、山の8合目辺りには「池田山フライトエリア」と呼ばれるパラグライダーの専用ゲ…

麒麟がきた後。

「麒麟がくる」のクライマックスで、家康の伊賀越えのシーンがやけにあっさりと終わってしまったことが笑い話が如く話題になっているが、かつて緒形直人が信長を演じた大河ドラマ「信長KING OF ZIPANG」において家康を演じたのが郷ひろみだったことの方が自…

友を尋ねてローカル線でぶらり旅@岐阜県大垣市編

天気が良い。ウォーキング日和だ。ただ歩くにしても、たまには環境を変えてみようと大垣市まで足を運んでみた。とはいえ、わざわざ車で大垣市にまで行くのもなんだかなぁ~阿藤快。というわけで、第三セクターのローカル線「樽見鉄道」を使って行ってみよう…

恵那を旅して名物三昧!130年の歴史を誇る「かんから餅」に恵那川上屋の「栗一筋」

実際は漢字で「加運賀良屋」と書くらしい。岩村城下町のメイン通りに面してその店はある。で、読み方は看板にもある様に「かんからや」だ。 名物は130年続くという、『かんから餅』と呼ばれる餅だそうだ。店構えからして老舗感がぷんぷん漂う、如何にも好…

日本三大山城@岐阜県恵那市岩村町「岩村城址」に行ってみた!

「日本三大山城」のひとつに数えられる山城、岐阜県恵那市は岩村町にある「岩村城址」を訪ねてみた。 恵那と聞いて岐阜県民以外でピンと来る者は居なかろう。ほら、松任谷由実の親友の店、栗きんとんで有名な「すや」があるところですよ~、奥さん。余計に混…

いやぁ~、古墳って興奮しますねぇ~@国史跡「船木山古墳群」トレイルラン!

自宅から約2km西へ行ったところに「船来山」という散歩程度の登山を楽しめる山がある。標高は116m。山というよりも丘に近い。しかし、立派に三角点が設けられているからには山であることには間違いない。此度はその「船来山」を攻める程の山でもないが散…

チャレンジウォーキング in 岐阜シティ

相変わらずのプータロー生活まっ只中だが、それでも職場に顔を出さねばならないことは諸々生じる。昨日もそういった理由で、なんとしてでも行かねばならなかった。ただね、行ってポンと置いて帰ってくるだけの用件だったので、エネルギーの消耗は極めて少な…

「DODO New Year Trail 2021」@岐阜市最高峰「百々ヶ峰」

今年初のレースは百々ヶ峰を舞台にした「DODO New Year Trail 2021」だった。 簡単に説明すると、百々ヶ峰の山の中を絶叫しながらアホみたいに走りまくるだけの山中かけっこ大会だ。主催者は度々登場する、素足でフルマラソンを走り切りるという、鋼鉄の足裏…

古えの良き喫茶店の趣きたっぷり@土岐市「ファミリーレストラン アンディ」

社会人になった坊主を始め、家族全員が正月休みに突入した。坊主に至っては26日から既に始まっている。24日のクリスマスイヴ、その日の晩に顔を会わせた際、 「オレ、明日行ったらもう休み、へへん」 と親、つまり自分に向かって自慢していた。うるさい…

きたな…もとい、絶妙な古さが売り@「ラーメン ケンちゃん」

今年で創業43年になるという。長良川を挟んで北、川南に住む者から「川むこう」と蔑まされる、川北在住者の間では「きたなシュラン」として名高いラーメン屋に行ってきた。 とはいえ行ってきたという程の大袈裟な店でもない。たまたま選んだ帰り道の道すが…

のんびりな日曜日もたまにはいいよね~♪

見込みも早いが、ダメとわかれば見限りも早い。言っておくが女性の話ではない。車の話だ。具体的には嫁の車の話だが、さすがに年数も走行距離も薹(とう)が立ち過ぎた様だ。そこで新しく家族として迎え入れるべく、中古車の物色にとショップを巡ってきた。…

リサイクル家電野郎の悲劇&紅葉の名勝「両界山横蔵寺」

とうとう、にょうぼ…もとい、洗濯機を捨ててやった。いかんいかん、願望が先走った。 捨ててやったでは可怪しいか?厳密にいえば洗濯機を回収してもらったが正解。粗大ごみ回収センターに電話をしたところ、「リサイクル家電は揖斐郡の『斉藤商店』でひきと…

来振寺(きぶりじ)に思う、時代の潮流への乗り方

古刹はいいねぇ。え?お札の方がいい?そりゃ、もっともだ。自分にしてもお札の方がいいにきまってる。因みにこの場合は「おさつ」と読み、けして「おふだ」ではない。 ジブリ美術館と聞いて「来振寺(きぶりじ)」を思い浮かべるあなたは相当なお寺ツウだ。…

絶品!「栗蒸しどら」&ついでの「五宝滝」

総入れ歯もとい、そう言えば、すっかり忘れていたのだが昨日のことの様に思い出すとしよう。先日の、岐阜県は八百津町の「新旅足橋(しんたびそこばし)」で「日本一の落差を誇るバンジージャンプ」に果敢にも挑戦したあの時のことだ。ん?何か歪曲されてな…

飛騨高山よりの使者だった。今は岐阜市民。

かれこれ3年の歳月が経過した。 自分はその時いったい何をしていたかは記憶にないが、いつもの通りなら恐らくボーッとスケベなことでも考えていたかと思う。寝てさえいなければ大抵の場合はそんなところだ。そこに彼が現れた。 「あの、すみません」 その言…

ミシュランの星の味を求めて@下呂温泉「仲佐(なかさ)」

遡ること高校時代の話になるが、定期テストが迫ると必ず一緒にテスト勉強をしようと我が家へやって来る同級生がいた。自宅も近所で何度か同じクラスにもなったことがあった。ある意味、幼馴染といえなくもない。 ある時、土産にとポテトチップ持参でやって来…

「登る勇気よりも引き返す勇気」実際の登山で得た教訓

ふと、自分の趣味のひとつに登山があることを思い出した。いや、趣味というよりもライフワークと呼んでも良いだろう。それを忘れてしまうとは実に見上げたライフワークだ。アルピニストの風上にも置けん。まぁ、アルピニストちゅーても標高528mが自分にとっ…

田舎のおばちゃん仕込み・絶品「手打ちそば」@山県市美山地区「ふれあいバザール」

バザールでござーる。ホンの数時間ではござったが、灼熱の大都会、岐阜シチィーを抜け出して避暑地へと足を運んだでござる。岐阜市の北怒鳴り…、おいおい、「め組」の頭に扮した北島のサブちゃんが怒鳴り散らしているみたいじゃんか。変な変換するなよな、馬…

自らの無知を「白日」の元に晒せ!

「お父さん、学校でね、みんなに『白目』って知っとるか訊いたんやて」 「うん」 「そしたらみんな『知っとる』って言うもんで、それなら話は早いと思って『あの歌いいよね』って言ったらみんな『はぁ?』って言うんやて」 「うん」 「でね、私が『えー、知…

Zermatt On My Mind(我が心のツェルマット)

Zermatt On My Mind(我が心のツェルマット) ツェルマットとキーボードで打ち込もうと思うも、中々「ツェ」が出てこない。大体が日本語に「ツェ」を使う言葉がないことがそもそもの事の発端だ。様々な組み合わせで何度もチャレンジを試みたものの、全てに於…

中年心をくすぐる居心地の良い「ここち」の抹茶ラテ@郡上八幡

お待たせしました。スイーツ侍のコーナーです。たった今、コーナーが新設されました。 今回は郡上郡八幡町、現在は廃止となり郡上市となってしまった観光地名称、郡上八幡からお届けします。 しかし、アレだね。郡上八幡も何度となく訪ねてはいるけれど、本…

今こそブランド牛をねらえ!

いやね、長年この業界に従事しているけれども、こりゃもう『怪現象』と表現しちゃっても全くおかしくないどころか、むしろ当を得ていると思うんだよね。 ご存知の様にブランド牛がどこもかしこも価格が暴落してしまっている。ご存知でなければこれを機会に存…

♫さらば~地球よ~旅立~つ船はぁ~♫

♫も、え、あ、が、れ もえあがれ 燃え上がれ ガンダテ♫ それガンダテやのうてガンダムちゃうか? 世間様にはけしからんと言われそうだが、不急ではなくとも自らのざわついた心を平穏に保つ為にはけして不要ではないと信じ、以前から行ってみたいと思っていた…

飽くなき挑戦 大いなる勇気@「鳩吹山」至る「犬山城下町」

鳩吹山。「はとふきやま」とも「はとぶきやま」とも呼ばれている。正確には全く知らない。なにせ未だかつて登るどころか触ったことも舐めたこともない山だ。 岐阜県可児市から愛知県犬山市にかけての木曽川の一部は、その風景がドイツを流れるライン川に似て…