氷の上のさかな

氷の上にディスプレイされたさかなの様にセカンドライフをキラキラとさせる為に今を頑張ろうといったシュールなお話。

鯨海酔侯

懐かしの緊縛プレイ

久しぶりに金縛りにあった。 前回は25歳の頃だから、約四半世紀ぶりか?ずびばぜんでじだ。少々、サバを読んでおります。所詮、数字なんて一つか二つかいっぱいしかないんだから細かい所は目を瞑りたまへ清めたまへ。 前年に公開された「私をスキーに連れて…

いつまでもコロナってられないよね~

デリバリー中にこっそりと髪を切りに行ったきり伸ばし放題になっていた髪だが、やっと昨日、行きつけの床屋を再訪することが出来た。 前回はデリバリー中の思いつきで違う床屋へ行ってしまった事は当然内緒…にするつもりだったが、スタンプカードを見たら前…

復活!リアル飲み会

今現在の住まいは三重県だが、毎週の様に地元の岐阜にやって来る友人がいる。目的の殆どは年老いた両親の加減伺いといったところだろうか。そのついでに地元の友人と宴席を交わすことがある。つまり自分もその内の一人なのだが、さすがにこの数ヶ月は飲み会…

「キリッと男前」なもってる漢@クスリのアオキ

「悪い。『クスリのアオキ』に寄ってくれ」 チューハイを切らしていたことを思い出した。自分で運転をして帰宅するのならばオートマチックで海馬からアウトプットされる情報も、それが人の運転となるとどうやらオートマチックとはいかないようだ。『クスリの…

ヤンボー麻婆ーテイクアウト!

本来ならばご飯を入れなければならない所なのに大胆にも四川麻婆豆腐を間違えて入れてしまったことはありませんか? 僕はあります。 ったく、取り返しがつかねぇことをしてしまったぜ。うふふ。 「ちょっとちょっと!それ確信犯でしょっ!」 ギクッ! 「廃棄…

シャザイダー01

東京に於いて自分に同じく飲食に従事してはいるが、この状況下におかれ目下長期プータロー中の友人からLINE飲み会を持ちかけられた。 高校からの付き合いだが、陸上部に所属し汗を流し脂を垂らすばかりでなく、女子陸上部の先輩をかどわかし部活動以外でも下…

サタデーナイト・オンライン・フィーバー!

テレワークと聞くと如何にも日本人が好きそうは和製英語だと捉えられがちだが、歴とした英製英語だ。驚くことに始まりは1970年にも遡るのだとか。 当時は今の様なビデオ通話ではなく、文字通りテレフォンワークだったかと思うが、エネルギー危機とマイカー通…

いつ何時、誰の挑戦でも受ける。

とうとう「ABC予想」が京都大数理解析研究所の望月新一教授(51)により証明されたと電光石火の如く世界中にニュースが駆け巡った。一説によればノーベル賞を凌ぐ快挙だそうな。うん、望月くんなら多分、やってくれると思っていたよ。年下には横柄なもう…

キャバ嬢の華やぎになぞらえた缶チューハイひとり論争・episode4

酒の切れ目が縁の切れ目 華やかな雰囲気な店の割には派手さを感じない落ち着いた娘だった。色で例えるのならばシックなゴールドといったところだろうか。一目見たときから彼女に魅了され虜になり、それ以降、足繁く通うことになる。が、思いの丈も上手く伝わ…

記憶次第で「人生バラ色」

カラオケのカラは「空」、オケは「オーケストラ」の略で、元は音楽を流すのにオーケストラを使わず、テープやレコードで代用することをいい、けして歌を唄う為の音源を指したものではなかった。 業界で使われるいわば「スラング」が辞書に載るまでとなってし…

男女合同軍事演習@新年会の場合

ゲップを堪えるのに未だかつてこれほど必死だったこともないバリウム検査を無事にこなし、今年の健康診断もこれで全てが終了した。 ただ終了した時がまたスタートだ。来年の健康診断まで気を抜くことなく全力で健康増進に努めたいと考える。つーか、まだ結果…

臭気に始まり臭気に終わるメランコリックなお話

まさに加齢臭を放つこと真っ盛りの男4人が、それも個室で宴会を繰り広げるシーンを想像したことがあるだろうか? 想像だけでは生ぬるいということで、昨晩は半ばアトラクションを楽しむ勢いで体感して来た。 実はこれから(午前9時)健康診断が控えている…

麻雀はゲーム喫茶で覚えました

遅ればせながら自家用車をスタッドレスタイヤに履き替えた。 年越し前に済ませておかねばならない伝統行事だったのをすっかりと忘れとったがね。別に忙しさにかまけていたわけでもない。たぶん、他にもっと重大な用事があったのだろう。それが何かだって?そ…

姫始め♡

置屋の年季が明け彼女たちにもやっと日の目を見る時がやってきた。元より籠の鳥が似合う出で立ちではない。約二週間越しの思いの丈をパーっと発散するのだ! ってゆーか、勝手に自分が囲っていただけなんだけどね。 以前、ご紹介した二人の淑女の話だ。 ひと…

キャバ嬢の華やぎになぞらえた缶チューハイひとり論争・episode2

自分にはこれが気に入ったとなれば後先を考えずについつい貢いでしまう癖がある。これは以前、缶チューハイにまつわる話で告悔したことがあるが、因みに「告悔」などという言葉はない。さだまさしの造語である。でも何となくニュアンスは伝わるよね? 然しな…

「#忘年会のお誘いないです」

昨晩は今年初めての忘年会があった。月に約1度集まって飲む地元の同級生、総勢3名の集まりだ。 それただの飲み会じゃねぇのかよ! と言いたげなそこのあなたとあなた。お願いだからこんな集まりでも忘年会としてカウントさせて下さい。だってこのままだと…

淑女を口説き落とす長期的戦略構想@缶チューハイ編

買ってはみたものの、まだ手が付けられないでいる二つのチューハイがある。10月23日に発売とあるから、恐らく軽く1ヶ月は自室にて引きこもっている状態だ。 SAPPORO CotoCoto「りんごのコンポート」&「とちおとめジャム」 いや、この手の奇をてらった商品…

「両替」と「バス」にまつわる物語

話は少し遡る。月曜日の夜に不慮の飲み会が入った。そんな時はいつもの様に一旦、自宅に車を置きに帰る。その後、帰宅はバスを利用するため片道約11.5kmをランニングにて再び通勤する。ただ、生憎その日は雨模様であったため、さすがにご辞退申し上げた。 と…

闇に潜む地名の罠

「どうすればいいの!」 「いや、それは歩いて頂くしかないですね」 喧騒で目が覚めた。バスの中での出来事だ。 起床時刻が早いことから、翌日が休みでもない限りあまり夜は出歩かない様にしている。ただどうしても外せない理由がある場合は別だ。いわゆる酒…

記憶は無限の彼方へ!さぁ、行くぞ!

昨日は会社をあげてのBBQが開催された。懸念された天気も午前中にはすっかり雨雲がとれ、快晴のもと開催に至ったのはひとえに雨女の長女が不参加だったからと想像する。昨年は雨どころか台風まで引き寄せるという荒業をも成し遂げた長女だった。 昨年までは…

銀~婚~カーン~コーン~

銀婚式だった…らしい。 いやいや、他でもない、この私のことだよ。薄々は感づいていたのだが、敢えて触れない様にしていた。ほら、なにせ自分は酷い金属アレルギャーでね、特に銀がダメなの。だから触れると危険なんだよね。 はい、ショートバージョンにて落…

キャバ嬢の華やぎになぞらえた缶チューハイひとり論争

多分、季節はとうの昔に「秋」だ。自覚もある。暦の上ではたしか8月中に「秋」となっているはずだ。残暑という言葉は「秋分の日」までは使えるらしい。ならば辛うじて許せるとしても「サマー」の3文字は9月の23日までがその範囲だと認識する。 「サマー・…

観光地「高山市」も天下分け目の合戦「関ケ原」も刃物で有名な「関市」も岐阜県なのに…。

岐阜には毎年10月の第一日曜日に開催される「ぎふ信長まつり」というものがある。これは「岐阜」という地名が織田信長によって命名されたのを記念し毎年開催されるものだが、この「岐阜」という漢字が「使い道がねぇ」&「使い道がねぇから書けねぇ」が為、…

業務上、避けて通れぬ役得という罪

仕事上の付き合いとならばどの様な業態においても「持ちつ持たれつ」の関係は存在する。先日触れた、「ホテルの出入り業者はそのホテルで行われるイベントチケットを買わされる」といったエピソードも、謂わば「持ちつ持たれつ」の関係と言ってしまえるだろ…

『ルマンド』は危険な食べ物だ。

『ルマンド』は危険な食べ物だ。 先日、飲み会で3軒はしごした後、帰宅の途につこうと代行を呼んだ。「いつもお世話になっております。1時間くらいかかりますがお待ち頂けますか?」代行で言うところの1時間は多少盛ってあると仮定し、概ね30分くらいだろう…

拘束にも似た家族との過ごし方

市場で知り合った観光ホテルの出入り業者から、そのホテルのディナーチケットを頂いた。お宅とお付き合いをする代わりにイベントチケットの購入をお手伝いして下さいね、といったよくある話が入手の経路らしい。これを巷では「共生の原則」と呼ばれている。 …

怒涛の大放流&人体の不思議

月に1度、2度に及ぶ時もあるが、小学生時代を過ごした地元、今の住まいからは6km程しか離れていないのだが、いわば故郷で飲む機会がある。メンバーの内、未だにその地にしがみついているのはたったの1人だが、まぁ、それでも学生時代を過ごした地というの…

ふぐで釣る

業界人が言うところの「ぐーふー」を食味して来た。庶民からすれば「ふぐ」と明記した方がピンと来るだろうか?とはいえ、自分にしても専門店で頂くのは約3年ぶりとなる。普段から「ふぐ」だ、「回らない寿司」だ、「料亭」だのと通い慣れた人ならば、いく…

もはや公用語でいいじゃない日本語@ツルシ名鉄岐阜駅前店

お盆の一日くらいは羽目外しちゃろかと昼酒に興じてみた。当初は岐阜駅構内でもと歩を進め、「サイゼリヤ」か「昭和食堂」を目指そうと考えていたのだが、道中「ビールセット690円」と書かれた看板が目に入った。場所は新岐阜、店名は「ツルシ」。インド料理…

バス利用・夜道のエレジー

日曜日の夜に街中へ繰り出すことなどかつてあっただろうか? とある理由により昨夕は街中、具体的にいえば駅前飲食繁華街に身をおくこととなった。アルコールが入ることが想定されたので交通手段として路線バスを選んだ。 「お客様の中で5,000円を両替出来る…