氷の上のさかな

氷の上にディスプレイされたさかなの様にセカンドライフをキラキラとさせる為に今を頑張ろうといったシュールなお話。

お仕事のこと

傷心の『カツめし』@岐阜市「一八食堂」

「おっ、これいいじゃん!」 と中古厨房機器屋で見つけた客席用のテーブルだったが、店が完成するに従ってどんどんイメージとかけ離れていくのが見えた。そこで先日、泣く泣く買い替えたのだが、こうなると店に置いておいても邪魔になるばかりだ。中古屋で買…

ある意味看板よりも大事「回転灯」

他所の地方ならばいざ知らず、この地方で店を営もうと思ったら何をおいても必ず必要なものがある。それは…、「回転灯」だ。PATLITE(パトライト)社製の物が有名なので、そのまま「PATLITE」と呼ばれることもある。この回転灯を通常の電光看板の上に設置する…

仕入れついでの感動『きなこ団子』@愛知県春日井市「味自慢コロコロ」

昨日の「ひかり食堂」は経由地点。実は愛知県春日井市にある「テンポス春日井店」に向かう途中に寄ったのよ。店で使うテーブルを探していたのだが、そこそこの良品が出たとさる筋からの機密情報を入手し、すわ急げとばかりに駆けつけたわけだ。 結果、お望み…

おじさんといっしょ

「GFC」の食品展示会にお招きにあずかった。因みに「GFC」とは今までお付き合いをしたことがない。にも関わらず自分に声が掛かったということは、個人情報がどこかで流出しているのだろうか? 岐阜市の「安江病院」が不正アクセスを受け11万人分の個人情報…

痛くしてごめんね

「中古でダクトフートどこかで手に入らないですか?」 と施工業者に尋ねられた。 「そんなんあるんですか?!」 ダクトフードなんてもんはステンレスかブリキのような金属で、店の厨房の大きさに合わせ作られるものと言う印象しか無かったからだ。 「それが…

「1日1糖の掟」

会津藩の武士の心得に「什(じゅう)の掟」というものがあり、最後の一行は「ならぬものはならぬのです」と括られる。「什の掟」に関しては各自でググるように。 コロナやら自然災害やら輸送コストの高騰やらコンテナ不足やら港湾の混乱やらに加えロシアのウ…

「お、ねだん以上。」のアイスなペール

「お、ねだん以上。」ニトリでアイスペールを購入した。厳密にいえば注文してあった品を引き取りに行った。来るべき開店の暁にはボトルキープをシステム化し、タダ同然の水や氷をぼったくり価格で販売しようという画期的な計画を練り上げている。価格設定は…

100里を行くものは50里を以て半ばとせよ、ってまんまやんけ。

中間テストを終えた途端に友人を自宅に呼び遊び狂っている「馬鹿柱」の次女だが、ブームも若干下火になった今でも「柱」の名は通用するのだろうか?全然、関係ないけれど、最近Amazonで観た「GANTZ:0」は中々面白かったよ。 「お父さん、社会めっちゃ出来…

飛騨高山で「プチお勉強」と称したほぼ「遊び」

今年になって二度目の飛騨高山入りだ。前回は勉強と称した遊び。今回は勉強と称したライトな遊びだ。ねぇ、どこがどう違うの?うん、気持ちの問題。 それが証拠に今回は高山入りしたものの、高山市の散策は一切していない。では何をしに行ったのかと申し上げ…

無理を通せば道理がひっこむ?

せっかくの北川景子似を酒癖の悪さで台無しにしてしまっている高山市在住の看護師から、器がお値打ちで入手出来るという情報を得たので不躾にもさっそく連絡を入れてみた。が、「取引先様と、陶磁器で生計を立てようとしている若者以外は受け付けていないん…

わけあって「けいちゃん」を2人前食す@多治見市「元町ロマンス食堂」

無さ過ぎるってのも問題だけど、有り過ぎるってのも問題だよね。陶器を見に行ったは良いものの、その圧倒的な数量を前にして為す術がなかった。そして僕は途方に暮れる。 陶器って作り手の価値観が反映されるよね。この青い人形なんて100万円だよ、100万円。…

サザエさんとは関係のない「三河屋」さん@愛知県小牧市

そろそろ~と動き出した。そうそう遊んじゃいられない。ってゆーか、好きで遊んでいたわけじゃないんだよね。概ね不可抗力だ。ま、開き直ってその間、勉強という名の遊びに興じていたのは言われりゃ確かなんだけどね。 というわけで初期投資を少しでも抑える…

あまり横柄だと「そ~はら(えんがちょ)」って言うよ

「うちの酒が扱いたいのならば挨拶に来るのが筋だろ」 と酒蔵の主に言われたので、片道20km、時間にして50分ほどかかる隣市の各務原(かかみがはら)は蘇原(そはら)という場所にある酒蔵へ挨拶に行った。余談だが各務原市民に聞いた話によると、この「…

まだ、これから

退職しました。 長い間、ご贔屓頂き誠にありがとうございました。 次なるフェーズへ。 読者になる にほんブログ村

どう見ても暇つぶしにしか見えないウォーキングで肉離れ

どうしても職場に行かねばならない用事があり出勤した。休業中なので出勤とは語弊があるが、例え1秒でも業務が生じればそれは出勤と名を変える。実際、スタッフとちょっと話をしただけなのでほんの10分くらいだったけど。電話で済ませる話ならば良かった…

長い間、ありがとう!

長年、社の仕入れ担当として足繁く市場に通っていたのだが、さすがに全店の仕入れと夜の現場という二足の草鞋がキツくなってきた。年齢の所為といわれればそれも勿論あるだろう。とはいえ深夜に帰宅して全店分の仕入れをとりまとめ、そして発注をしやっと就…

夫婦でベロベロ

カウンターとはいえ申し訳程度しか席数のないカウンターに、わざわざ2名で予約を入れてくれた名も知らぬ客があった。まだ、テーブル席にそこそこ余裕があるにも関わらずだ。 説明しよう。電話で予約を直接入れるのならば空席情報を把握出来ないが為、こちら…

ま、物理的には無理っちゃ無理だけど、心情的に空気を読めよ。

お陰様で毎日、嫌になるほど忙しく過ごさせて頂いているのだが、いや、とうの昔から嫌になるほど忙しく過ごさせて頂いているのだが、現場に出たら出たで更に忙しさが重なり肉体的にキューキューと悲鳴を上げ始めている。本当にキューキューと鳴くの?気にな…

好きでガリガリしてんじゃねぇよ@日の出前の攻防

寒いのはまだいい。精神滅却すれば耐えられもする。ただ、いわば不可抗力な冬のこの時季に起こる自然現象には毎年のことながら辟易としてしまう。早朝、市場へ向かおうと車に乗り込むも、フロントガラスが一面、真っ白となってしまっている。昨朝などはそこ…

渡辺真知子なカツオ

現在過去未来~あの人に会ったなら~♪ 何も道に迷うのは人だけではないらしい。カツオの世界にも方向音痴なものが存在する。本来、カツオというものは黒潮にのり太平洋を北上するのが生態なのっだが、中には対馬海峡辺りで道に迷い日本海に入り込んでしまう…

返ってきたクズリとカピバラ

時はまだ緊急時他宣言が発令されている最中、店は営業しているものの配達がなく、つまり何もすることがなく燻るばかりの酒販店に陣中見舞いをと社長に会いに伺った。因みに手ぶらだ。陣中見舞いというよりもむしろ慰めに近い。 店内に足を踏み入れると来客を…

身を呈して客を引く。これぞ、ザ・プロフェッショナル

「お父さんのところって子連れ客は来る?」 と次女が訊ねる。 「なんで?」 「いや、お酒飲むところだからあまり子どもは行っちゃいけないのかな?って思って」 「別に問題はないけど、店によっては来づらいところもあるだろうな」 系列店でも敷居が高い店も…

もう、来なくてけっこうです

金曜日の午後七時に来店した若い女性2名のファースト・オーダーは烏龍茶とカルピスだった。居酒屋だとて全員が全員、飲酒をするわけではない。烏龍茶とカルピスのオーダーを推奨することはしないが、だからといって特に咎めることもしない。4名掛けのテー…

夜明けのプチ大都会でのファンタジーな出来事

JR岐阜駅前がアメリカのニューヨークだとしたら、長良川を挟み北西に位置する我が家辺りはさしずめロス・アンジェルスと言えるだろうか。川北の威厳を保つには十分な人口と近未来的な家々が建ち並んでいる。まぁ、中にはタイムスリップしたかの様な家も無き…

ヤマダデンキ的マインドコントロール戦略の罠&スイーティーな午後のひととき

PC画面を凝視しながらあんな事やこんな事をネット上でサーフィンしていたら、ふいにスマホの着信音がなる。見覚えが無い電話番号だったが、数字から携帯番号でないのはわかる。「0120」と携帯番号は相手がわからなければ出ない様にしているが、固定電話から…

冬瓜はかく語りき

早朝、市場外の八百屋で買い物をする。老夫婦が営む八百屋だ。店舗というよりは掘っ立て小屋に近い。かなりの年季が入っている。こことはかれこれ20年以上の付き合いになるが、当時60代だったご夫婦も今ではすっかり後期高齢者の仲間入りだ。未だに商売…

秋ならではの不思議発見やー!

稲刈りのシーズンになると少しだけ切り取られた稲が畦や道に横たわっている光景をよく見るよね。 お前みたいに田舎住まいじゃないから知らねーよだって。まぁ、確かにそうかも知れない。でも良い機会だから一緒に考えてみようじゃないか。例えばこれがなにか…

飯島直子は元気だろうか?

いくら休業を余儀なくされたとしても、さすがに50日は休み過ぎた。久しぶりの現場仕事に身体どころか頭までもがついていかない。「あれはどこへやった?これはどうやるんだっけ?」と様々な記憶を振り絞りながらの作業は通常の倍疲れる。無意識のうちに動…

あなたのラッキーナンバーは?

長かった休業も明け穏やかに日常が始まった。久しぶりの早朝出勤だ。このひと月の間に随分と夜明けが遅くなった。ただ来たるべくこの日の為に毎日4時には起床していたので身体の方はしっかりと準備が出来ている。さて、夜空のグラデーションを楽しみながら…

同じ上がるなら雨が上がりやがれ

せっかくの休日だというのに起き抜けから雨とは実に憂鬱だ。ゆーてもずーっと休みですが(爆) ただこの休みにもとうとうカウントダウンが始まるとなれば、残りすくない休日を有意義に過ごしたいと願うのは今際の際にそう願うことと大して変わりないだろう。…