氷の上のさかな

氷の上にディスプレイされたさかなの様にセカンドライフをキラキラとさせる為に今を頑張ろうといったシュールなお話。

登山日記

トレイルランニング!城ヶ峰で「七年殺し」

事故の後遺症で、膝関節と股関節が未だにカックンカックンすることがあったりもするが、療養とトレーニングは両輪で推し進めねばならないと考える。まるでコロナ禍に於いての経済対策の様ではないか。全然違う?こりゃ、どーもすみません。 てなわけで、久し…

荒唐無稽なアウトドア野郎とはオレのことだ!

思い立ったが吉日と、マチュピチュへ向かい西へ車を走らせた。岐阜県はいいね。飛行機など使わずともマチュピチュへ行けちゃったりする。岐阜のマチュピチュ、または「天空の茶畑」などと呼ばれたりもするが、今更、説明するのもこっ恥ずかしくなるほど既に…

絶品!「栗蒸しどら」&ついでの「五宝滝」

総入れ歯もとい、そう言えば、すっかり忘れていたのだが昨日のことの様に思い出すとしよう。先日の、岐阜県は八百津町の「新旅足橋(しんたびそこばし)」で「日本一の落差を誇るバンジージャンプ」に果敢にも挑戦したあの時のことだ。ん?何か歪曲されてな…

命知らずな男の賭け@第二回「鳩吹山(はとぶきやま)縦走」

前回は3月のこと。約半年ぶりに岐阜県可児市から愛知県犬山市に掛けてふんぞり返る「鳩吹山(はとぶきやま)」を含む周辺の山々を縦走してやった。 9連勤明けの休日。家で大人しくしとれんのか?と言われるも、しとれんかったであかんがね。ただ、山中の所…

海も山も死なんけど、久々のトレランはちょっと死んだかも

海は死にますか 山は死にますか 風はどうですか 空もそうですか~♫ そんなん知らんがな。 早朝の気温も20℃を切り、いきなり秋めいてまいりましたここ岐阜市ですが、やっと、というかとうとう、このオレ様の季節が巡ってきた。という事は山でしょ。山といえば…

「登る勇気よりも引き返す勇気」実際の登山で得た教訓

ふと、自分の趣味のひとつに登山があることを思い出した。いや、趣味というよりもライフワークと呼んでも良いだろう。それを忘れてしまうとは実に見上げたライフワークだ。アルピニストの風上にも置けん。まぁ、アルピニストちゅーても標高528mが自分にとっ…

ご無沙汰してます、ご先祖様

しかし、友人ってのはいいもんだね。飲み会のお誘いを受けたのだが、その夜は仕事があるからと断ると、じゃ、お前のところで飲もう、という話になり予約を入れてくれた。来てもらったところで一緒になってワイワイと騒ぐわけにはいかないが、それでも多少の…

元祖流しそうめん@「釜ヶ滝 滝茶屋」には地獄の責めがある

長い間、生きてりゃ誰にでも水に流したいことの一つや二つはあるだろう。そこで僕はそうめんを流して来ました。 岐阜に居をかまえるならば二人に一人、いや三人に一人、う~ん、四人に一人でどうだ!まぁ、それくらいの人数は耳にしたことがあるだろう。元祖…

早く帰ってきて悪いんか!怒りのワークマンの巻

弁当のデリバリーを済ませると店頭販売は残りのスタッフに任せ一旦、帰宅する。そして夜営業に向け再び出勤するのがここのところ毎日のルーティンとなっている。正直、行き来するのに費やす時間が無駄な気もするが、どうぜ現場にいたところでボーッと口を開…

岐阜市で一番低い山(※たぶん)@斎藤道三ゆかりの「鷺山」

おそらく、多分、おおかた、けだし、岐阜市で一番低いかと思われる山「鷺山」を制覇してきた。標高68m、登頂に要した時間、約15分。それものんびり。存在そのものはかなり以前より知ってはいたが、登ったのは今回が初めてだ。 今後、大河ドラマ「麒麟が…

飽くなき挑戦 大いなる勇気@「鳩吹山」至る「犬山城下町」

鳩吹山。「はとふきやま」とも「はとぶきやま」とも呼ばれている。正確には全く知らない。なにせ未だかつて登るどころか触ったことも舐めたこともない山だ。 岐阜県可児市から愛知県犬山市にかけての木曽川の一部は、その風景がドイツを流れるライン川に似て…

室内アウトドアのすすめ@カップヌードルリフィル編

柳ケ瀬のスナックのママにそそのかされ、ドン・キホーテで買わされたカップヌードルのリフィルだが、購入数8個に対して結果ただのひとつも消費されることなく、賞味期限の2月24日をとうの昔に過ぎてしまった。 山で仲睦まじくランデブーを決め込もうと、4…

幼き日の思い出を取り戻してみませんか?@「ふどうの森トレイルラン2020」

公的な大人の泥遊びを思う存分に堪能してきた。 普段から理由もなく山々を走っていたわけではない。 全ては昨日開催された「ふどうの森トレイルラン2020」の為だった。その目的を全うし、尚且つ完走したことをここにご報告する。 350名中145位 50代って何名…

九里四里うまい十三里(栗よりうまい十三里)とは全く関係がない、「一寸八里」

「一寸八里」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 恐らく諺にはない言葉だと思う。自分がまだ幼き頃に父親の実家へ遊びに行った際、104歳で大往生した祖母が自分に向かい「山で迷ったら動かぬこと」と教える為に「一寸八里」という言葉を使った。 何せ、…

『本麒麟がくる』

「おっ、渋いじゃん。なにそれ、スカジャン?」 「渋いじゃん」に「スカジャン」を掛けてみた高度なギャグに世の中は抱腹絶倒の坩堝と化している頃だろうか?いい加減、正気を保ちなさい。 キリンビールの担当者が暇つぶしに営業にやってきた。何の営業だっ…

海苔業界の策略にまんまとハマるもそれなりに美味しかった話。

ほら、今更言うまでもないけれど、僕って秀麗眉目な五十路男子じゃんね? オマケにアスリートとくればどうしても世の女性の目にとまりやすいわけ。 ましてや其処が山の中だったりすると尚更なんだ。 よく聞く話、スキー場にいるだけで見栄えが20%アップする…

インドア派のお前がこんなの買ってどうすんだよ@スナックママの場合

岐阜市の繁華街でもあり観光地でもある柳ケ瀬で、100年間スナックを経営している、あれ?20年くらいだったか?まぁいい、イメージとしてはそんな妖怪みたいなママが、同じく柳ケ瀬にあり寝座(ねぐら)としている「ドン・キホーテ」で「こんなのみつけ…

ひとりで生きられない人間の寄せ集めではワンチームなりえない@むしろおひとり様の勧め

にわにわにわうらにわにわにわにわとりがにわずついます。 のっけから頭の体操で始まった今週も「ご機嫌よう、ひろみ」 by お蝶婦人. さぁ、準備はいいですか? では特別なにもすることがなかった日曜日の過ごし方を嫌が上にも教えてさしあげよう。 例年なら…

難読登山@坂祝町・猿啄城址&明王山(みょうおうざん)

岐阜県に坂祝町という地名の町があり、そこに猿啄城址という場所があることはきっと広く知られていることだろう。 えっ?知らない?知らないどころか読めない? えい、なんてこったい、ブルートの奴め!byポパイ。生まれも育ちも岐阜県なのに読めないなんて…