氷の上のさかな

氷の上にディスプレイされたさかなの様にセカンドライフをキラキラとさせる為に今を頑張ろうといったシュールなお話。

登山日記

新春トレイルランニング

昨年はコロナ野郎のせいで開催が見送られた百々ヶ峰を舞台に道なき道を駆け抜けるアホの祭典「2022 たずさえの森 DODO NEW YEARS TRAIL」が昨1月4日に開催された。因みに岐阜市で一番高い山だ。 今年は老若男女トータル約70名ほど?が時間別に参加し、登山道…

強いられる暇つぶし

山に登ればカップ麺が相場と決まってはいるのだが、たまには邪道を歩むのも乙なもの。今回の山業では予てより計画をしていたホットサンドにチャンレンジしてみた。 が、山頂はあまりに風が強く寒かったので麓に降りてからね。ちょっち日和りました。 ただ、…

富士山、初登頂。文句は一切受け付けません。

休みの日曜日くらいはゆっくり寝かせてクレヨンしんちゃんと我が身を重んじ願を立てるも、そうは問屋は卸さじと早朝から美濃加茂くんだりまでお見送りをさせられる羽目となった。 なんかよくわかりまへんが、剣道の練習試合があるとかで。そう、次女の都合だ…

「トレランの 疲れを癒やす 阿闍梨餅」

仕事が休みと嫁が言うので走りに出た。ここで勘違いしないで頂きたい。けして嫁が在宅しているから姿を消す、すなわちエスケープするというわけではない。いつもならば長女の登校に付き従っている自分だが、嫁が休みの時はその任を解かれる。つまり走るにし…

迷わず行けよ 行けばわかるさ

まだ稲刈り前の田んぼに見事な隙間を発見した。隙間フェチにとり捨て置け無い光景だ。暫し我を忘れ呆然と見入ってしまった。 は…、挟まれたひ。実際に挟まれたらチクチクしそう。然しながら充実や充足感をもたらすものは全てにおいて生とは真反対の危険が伴…

今日から「山男ブロガー」になります(大嘘)

最近、「登山ブログをお書きになっているんですね」などとよく言われる。そうか。ならば調子に乗ってそっち系に移行するのも悪くはないな。質実剛健、且つ品行方正な内容ばかりでは飽きが来るというものだ。多少は登山というエロティシズムをも兼ね備えた内…

「なんで山?」息子、裏山初登頂

「オレさ、ずーっとこのまま家におるのもあかんと思うんやて」 と坊主がポツリとつぶやいた。 いよいよ、自立に向けて気持ちが傾きだしたか? 「でさ、もし山に行くなら連れてってくれへん?」 「え?どゆこと?」 「や、有給中にずーっと家にいても何のため…

〆の月見シェイクには全てが癒やされた

迂闊にも同居中の嫁が休業日だったことを忘れていた。とならば、あくまでもそれに気がついていないふりをして、尚且つ白々しく、 「台風の影響で雨かと思ってたら、なんか降らないみたいだな~。折角だから山登りにでも行ってこようかな~」 と試しに言って…

「富有柿ソフトクリーム」からの~「城ヶ峰(じょうがみね)」登山でカロリー消費

「肉のはせ川」でトレーニングジムさながらに顎の筋肉をパンプアップさせた後はクールダウンと参りましょう。しかし、肉を咀嚼するだけで額から汗が吹き出すとは想像もしたことが無かった。カロリー摂取をしながらカロリー消費を同時にこなす。なかなか画期…

「天空の楽園」@富士見台パノラマからの眺望&「金剛屋お食事処」の絶品蕎麦

「どうだい?せっかくの休みだ。一緒にお出かけしないかい?」 「どこへ行くの?」 「ちょっとお隣、長野県まで」 「なにしに?」 「ちょっとだけ山に登る」 「無理。いってらっしゃ~い」と次女。 「てらっしゃ~い」と長女。 一応、義理は通した。ならば、…

本巣七名山「大白木山(おじろぎやま)」初登頂@岐阜県本巣市&ちょっとスイーツ♡

岐阜県本巣市には「大白木山」という山がある。「おじろぎやま」と読む。白木のクセにわざわざ「大」を付けやがって。何かしらの因縁を感じモヤモヤしたので、白木があるのならば黒木があっても良かろうと「大黒木山」で検索してみた。 が、残念ながら「大」…

五十路の星たれ

開催の可否はともかくとしても選手たちの活躍には素直に称賛の声を届けたいと思う。言わずと知れたパラリンピックだ。中でも車椅子400mと1500mで銅メダルを受賞した上与那原寛和選手にひと言触れたい。当然、金メダリストに焦点が合う中、自分はといえば3…

天空のリゾート@滋賀県大津市「蓬莱山」&その他

くっそ暑い岐阜県に別れを告げ、また性懲りもなく滋賀県に行ってしまった。で、また性懲りもなく登山だ。山頂は涼しい。20℃に届かない気温を半袖1枚で堪能しようと向かった先は標高1,108mの「打見山」だ。へへ、中々の高さだろ? ま、登ったちゅーてもロー…

そこに「このはのこ」はいなかった@岐阜県七宗町「納古山(のこやま)」

上から読んでも下から読んでも「このはのこ」。彼女は今頃、何をして生活しているんだろう。そもそも、まだご存命なのだろうか。顔も思い出せねぇ。というわけで、すっかり過日の話になるが岐阜県は七宗町にある「納古山(のこやま)」に行ってきた。 行った…

山神さまに会いに@岐阜県各務原市「尾崎三峰山」

山上といえば「死刑」や「八丈島のきょん」などで有名な「こまわり君」の作者だが、今回は「上」でなく「神」の方の山神の話だ。 岐阜県の各務原市に山神さまがいらっしゃると聞き会いに行ってきた。場所は「尾崎三峰山(おざきみつみねさん)」と呼ばれる山…

登山に行ったつもりじゃないのに登ってしまった赤神山@滋賀県東近江市「阿賀神社(太郎坊宮)」

総入れ歯、もといそういえば誰にも言ってなかったがコッソリと滋賀県に行ってきた。◯◯宣言=滋賀県へ行く、みたいな図式が既に板についた感もあるが、それほどまでに滋賀県はこの自分を魅了してやまない。さて、滋賀県へのリップ・サービスはこの位にしてお…

柳ヶ瀬に未だ燦然と輝く定食屋@とんかつ「一平(いっぺい)」

夜半から天気が崩れ、どうやら日曜日は雨の様相らしい。と天気予報が告げていた。ならば無理やりにでも体を動かすチャンスは今日をおいて他にあらずといつもの様にワラーチを履いて走りに出た。午前7時。半径10m以内の街はまだ寝静まっている。例え休み…

恨むならば名付け親を恨め!@山行脚「滋賀県で2番目に高い山」

太古の昔からその名を聞くだけでマニアが身震いし涎を垂らすという、魅惑の山を攻め落として来た。場所は岐阜県と滋賀県の県境にある。滋賀県では伊吹山に次ぐ高い山とされているが、岐阜県は岐阜県で「ぎふ百山」とし独自認定している。非常事態宣言にしろ…

第3回「鳩吹山縦走」@岐阜県可児市→愛知県犬山市。だけど、ほぼ興味はその後のスイーツ♡

また性懲りも無く山だ、山だよ、山田太郎。前日の土砂降りが嘘の様にハゲ、もとい晴れ上がり絶好の登山日和となった昨日、半ば衝動的に第3回目となる岐阜県可児市から愛知県犬山市にまたがる「鳩吹山」の縦走を敢行した。 ま、厳密にいえば途中から山の名前…

裏山であわや遭難

結局、楽しみにしていた「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」も中止となってしまい約1万人あまりのランナーも軒並み途方に暮れたに違いない。斯くいう自分は上記の方々とは違い特に楽しみにしていたわけでもないので、中止となったことにはなんら支障をき…

なんでもいいけど日曜日だからってダラダラするなよ

時計の針は深夜の0時を過ぎ、日付けが変わり早くも1時間以上が経過していた。ぬるくなった風呂を沸かし直し暫しのつもりで湯船に浸かると、気がつけば迂闊なことに30分以上も経過していた。居眠りをしていたらしい。1週間の疲れがここに来てドッと噴出…

五本指に秘める思い、は特別ない。

ワラーチ専用の靴下を「ワークマン」に買いに行った。そろそろ靴下無しの素足で走っても良さそうなほど気候が温んで来たものの、極度の冷え性の自分にはまだまだ朝の寒さに足元が耐えられない。至って「弱虫ワラーチ」なの。 ご存知の様に最近の「ワークマン…

「鶴岡屋本店」の『カツ丼(上)』を山本小鉄はかく語りき。

「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」シリーズも終盤となってまいりました。本日はここ、後楽園ホールからお届けしたいと思います。解説は「鬼軍曹」の異名をとる山本小鉄さんです。山本小鉄さん、よろしくお願いします。「よろしくどーぞ」 そして向かった先は…

ワラーチで初のトレラン!

先月、参加したトレランの大会で、思いの外、目についたのが「ワラーチ」を履いた選手の面々だった。男子だけでなく、女子にもちらほらと見られ、ただでさえツワモノが集まるトレランの大会に原始のパワーが宿った者達も加わるという、檻が必要な動物園並み…

死にそうになりながらも無事生還@「 たずさえの森 DODO Reverse」

まだ2月だというのに、ここ岐阜市での最高気温は18.7℃を計測した。その2月なのにくっと暑い最中、百々ヶ峰を舞台にトレイルランニングのレースが開催された。 何度でも言うがもう一度言おう。「百々ヶ峰」は岐阜市で一番標高が高い山だ。 前日まではま…

やっぱラーメンはスガキヤでしょ@岐阜県山県市「古城山・大桑城(こじょうざん・おおがじょう)」

赤胴鈴之助はちょこざいな小僧で蟲柱は胡蝶しのぶだが、昨日登った山は「古城山(こじょうざん)」だ。標高407.5m。「金鶏山(きんけいざん)」とも呼ばれる。美濃国守護の土岐頼芸が斎藤道三との戦いに敗れ逃げる際、家宝の金鶏を井戸に隠したとの情け…

里山と戯れる

朝っぱらから台所が賑やかだ。女の女による女の祭典を翌日に控え、なにやらを制作してるかと思われる。甘い匂いが家中に立ち込めている。こうなると台所に足を踏み入れる事を控えたくなるもの。この場に漢…、である必要はないな、男がいることは無粋だろう。…

馬鹿柱、全集中で@大衆食堂「東亭」に踊らされる。

理由もなく早起きなのはもはや職業病なので今に始まったことではないのだが、考えてみたら本当に理由もなく早起きをしているプータロー生活がもはや板についた感のある毎日となっている。明るいはナショナル、お洒落はファッショナブル、そんな私はもはやニ…

ペヤング「獄激辛」な雪山登山@岐阜県「池田山」

滋賀県と岐阜県にまたがる山地を「伊吹山地」と呼ぶ。その山地の山のひとつに標高923.9mの「池田山」という山がある。麓には良質な天然温泉が湧き出る「池田温泉」があり、山の8合目辺りには「池田山フライトエリア」と呼ばれるパラグライダーの専用ゲ…

麒麟がきた後。

「麒麟がくる」のクライマックスで、家康の伊賀越えのシーンがやけにあっさりと終わってしまったことが笑い話が如く話題になっているが、かつて緒形直人が信長を演じた大河ドラマ「信長KING OF ZIPANG」において家康を演じたのが郷ひろみだったことの方が自…