氷の上のさかな

氷の上にディスプレイされたさかなの様にセカンドライフをキラキラとさせる為に今を頑張ろうといったシュールなお話。

格闘記録

24時間戦えますか?

午前3時前に起床して出勤。そして日中の業務を済ませ、夜は現場に出向。22時に退店し帰宅準備にかかる。車を走らせ途中、比較的近所にある24時間営業の「西友」に寄り、既に「半額」の値がついている諸々の惣菜等を部色。結果198円の「助六」を購入(実際は…

バレンタインデーは続く~よ~ど~こま~で~も~♫

合気道を習っている次女の送り迎えをするのはいつも自分の仕事だ。 無口な長女に比して、次女はまるで口から生まれてきた口さながらによく喋る。友人にそういった女性がひとりいるが、二人が揃うと超音波が発生しそうなので遭わせない様に務めている。 「努…

臭気に始まり臭気に終わるメランコリックなお話

まさに加齢臭を放つこと真っ盛りの男4人が、それも個室で宴会を繰り広げるシーンを想像したことがあるだろうか? 想像だけでは生ぬるいということで、昨晩は半ばアトラクションを楽しむ勢いで体感して来た。 実はこれから(午前9時)健康診断が控えている…

Mission complete!我スタバを攻略せり

こちらスネーク。これから潜入する。一旦、連絡を絶つ。 何もスタバがあるのは駅構内だけではない。自宅への帰り道、その途中にも郊外店が存在する。日時は1月16日午後5時30分。昼間、得ることが出来なかった「あずきなこ わらびもち 福 フラペチーノ…

「鼻血ブーの記憶」

PCの写真を整理していたら、懐かしい絵が出てきた。題して「鼻血ブーの記憶」 久しぶりに鼻血ブー!なにも秋の夜長にエロ本を読みふけったりマカ王を大量に摂したわけでもなんでもない。外的刺激、要するにぶん殴られたからだ。 「クズ!人でなし!もうLINE…

めでたさは理不尽を凌駕する?

握る拳に闘志がみなぎる。合気道を始めて苦節5ヶ月。次女がやっと八級を頂くことが出来た。 「八級?九級じゃないのか?だって十級からだろ?」初めての審査だ。とならばいきなり八級はおかしかろう。 「う~ん、わからんけど、多分もう小六だからじゃない…