氷の上のさかな

氷の上にディスプレイされたさかなの様にセカンドライフをキラキラとさせる為に今を頑張ろうといったシュールなお話。

「殿、お人払いを」されたわけでも無いのに貸し切り国宝「彦根城」

ここらで滋賀県にまで来た本当の理由をお伝えすることにしよう。取り敢えず昨日のおさらいをサラッとしてみるよ。 わざわざ初詣の為と称して滋賀県は野洲市にある「御上神社」に国宝の本殿を拝みに来た一行だが、いくら下道を使おうとも朝の七時に出発すれば…

魅力度ランキング38位の滋賀県に36位の岐阜県人が行って来た@野洲市「御上神社」の国宝本殿

他人の記憶は定かではないが、自分の記憶が正しければ先週の今頃、自分は滋賀県にいた筈だ。なにをしに?決まっている。滋賀といえば住んだことは一度もないが自分の第二の故郷と言ってしまえるほど愛着を持つ県だ。なにせ京都や奈良などメジャーでもなく、2…

家族で「ブロンコビリー」s’ ブートキャンプ

店名を思い出そうとすればするほど「びっくりドンキー」しか頭に思い浮かばない、更にはやっと判明したにも関わらず直ぐに忘れてしまい又ぞろ「びっくりドンキー」の名前が湧いて出てくるそんな店、そう「ブロンコビリー」に足掛け59年の我が生涯に於いて初…

長い間、ありがとう!

長年、社の仕入れ担当として足繁く市場に通っていたのだが、さすがに全店の仕入れと夜の現場という二足の草鞋がキツくなってきた。年齢の所為といわれればそれも勿論あるだろう。とはいえ深夜に帰宅して全店分の仕入れをとりまとめ、そして発注をしやっと就…

父ちゃんしかいなかったけど@「大衆食堂マミー」の『かつ中華』

「マミー」と聞けば「ヤクルト」と双璧をなす乳酸飲料として「森永マミー」が有名だが、プロレスファンならば墓場よりの死者「ミイラ男 ザ・マミー」を思い出すことだろう。その正体があのベンジー・ラミレスと聞いて驚かれた方もきっといるに違いない。 え…

0次会への長く険しい道程

1月11日から第4段として開催される「岐阜県民割」を利用し駅前でホテルを予約しようとJTBに電話を入れた。説明しよう。大雑把にいうと岐阜県に在住する者ならば岐阜県内のホテルを50%オフで利用出来るという画期的なシステム、それが「岐阜県民割」だ…

奢るとは言ったが遠慮をするなとは言ってない

今更ながら宅の坊主も成人式を迎えたらしい。そういえば日曜日だというのにやけに早起きをしていた様子だったし、自分の部屋にのそーっと現れては、 「おやじ、ネクタイの結び方教えて」 と言っていた。教えるのが面倒だったので自分の首に結んでそのまま手…

いくら太らせてもオレは美味くないぞ

「血液型はO型です。身体もO型です」 と自己紹介する熟女からお菓子を頂戴した。自分の甘党が広く伝播した証だろうか?国の内外を問わず熟女がお菓子を持って現れる。 なんでも花園ラグビー場に思いを馳せ作られたお菓子だそうで、その名も「花ラグ饅頭」と…

正しい腰の振り方

1人が好きと言い切る彼は最近、常連となった客だ。毎週、金曜日になるとふらりと現れる。身長が高くカウンターに座っていると両隣に比べ頭ひとつ抜けており、加えて年齢が若く1人で来ているという事が目立つのか、よく隣に絡まれる。ただ、絡まれる事も満更…

その生姜焼きって、衣を付ける前の豚カツ用のロース肉だよね?の@「とんかつ寛太」

豊洲市場で行われたマグロの初競りは、毎年の恒例となったご祝儀相場ともいえる価格で青森は大間の本マグロが競り落とされたとニュースになった。その1番マグロを食べる為にマグロを競り落とした会社が運営する回転寿司店には開店の3時間前から行列が出来…

「梅園」と名乗る意味不明なあんぱん

元日から父親である自分を放っておいて嫁の実家に寄生していた娘たちを迎えに行った。もちろん、彼女たちの母親に頼まれてのことだ。自分が送っていったのならば自分で迎えに行ったらどうなんだ。それも自分に年賀の挨拶すらなしに送って行きやがった。とい…

新春トレイルランニング

昨年はコロナ野郎のせいで開催が見送られた百々ヶ峰を舞台に道なき道を駆け抜けるアホの祭典「2022 たずさえの森 DODO NEW YEARS TRAIL」が昨1月4日に開催された。因みに岐阜市で一番高い山だ。 今年は老若男女トータル約70名ほど?が時間別に参加し、登山道…

お節がないからカレーうどん

かつてランニング仲間だったこともある、通称「おしゃべりメガネ」くんから年賀状が届いた。それ以前にLINEを経由して新年の挨拶が届いたばかりだというのにだ。 まったく律儀な奴だぜ。以前は同じ職場で働いたこともある彼だが、今では独立し一国一城の主と…

孤独のグルメ「元日編」

元日の朝は家族全員が食卓につき、雑煮を前にして先ず父親たる自分が新年の挨拶に次ぎ抱負を語り、なおかつ訓示をたれ、それから初めて「いただきます」と箸を取るのが我が家の慣わしだ。それは例え自分が深夜に帰宅し、それが原因で寝坊をしようが変わるこ…

デカ過ぎんだよ「長良川」!

「僕はただ、アイスクリームが溶けないかが心配だっただけなんだ」 最近、気を使われてるのかな?なんて思ってしまうのだが、 「お父さん、今日のスイーツは『西友』でいいよ」 なんて娘に言われる。前回は「コンビニでいいよ」だった。まぁ、確かに奈良でか…

正統派且つ王道、由緒正しく古式ゆかしい新年の迎え方

正統派且つ王道、由緒正しく古式ゆかしい年の瀬を如何にして迎えたら良いのかと、365日熟考に次ぐ熟考を重ねた挙句、行き着いた先の考えは娘たちと一緒に過ごすことだった。結局、いつもの休みとなんも変わらんやんけ。 ただ自分にとって違うのは、この年の…

密ならざる蕎麦

ガラにもなく年末らしいことをしてみようと、古来から伝わる伝統行事でもある「年越しそば」を仰々しく頂いてきた。ただWikipedia先生によれば「年越しそば」というものはどうやら大晦日に食べてこそ縁起が良いというものらしい。ただ、昨今はコロナの影響か…

一流著名人がが愛した?@「喫茶・軽食 京」

「お父さん、水曜日にココアちゃんのところまで送ってくれん?」 「なんだ、お前まだあの犬と付き合ってるのか?お手くらいは出来る様になったのか?」 「だからちげーよ。犬じゃねぇって。で、送ってってくれる?」 「何時に?」 「10時ころまでに着けばい…

2021年度のクリスマスを総括する

年末も押し迫った今日この頃、今更ながらクリスマスの話をしようじゃないか。 忘れた頃に記憶を呼び覚ます戦略だよ。使いみちも効果も効能も緩和も慰めにも一切ならない戦略だけど。 そう、あれは忘れもしない25日の晩のことだった。例年、12月の最終日曜日…

耐え難く軽い存在のわたし

雪だ、寒波だ、温泉だ!違う!!! 夢と希望が入り混じった妄想まがいの巻頭文はここまでです。たった1行を文と呼べるのかどうかはさておいて。 このクソ年末のクソ忙しい時に寒波だと?! どの口がほざいてやがる、って天変地異に文句をたれても仕方がない…

夫婦でベロベロ

カウンターとはいえ申し訳程度しか席数のないカウンターに、わざわざ2名で予約を入れてくれた名も知らぬ客があった。まだ、テーブル席にそこそこ余裕があるにも関わらずだ。 説明しよう。電話で予約を直接入れるのならば空席情報を把握出来ないが為、こちら…

痛いの痛いの自分以外の誰かに飛んでけ~

持病の「頚椎症性神経根症」がちっとも良くならないので、仕入れの帰りにいつもの整形外科へ愚痴をこぼしに向かった。 痛みのバロメーターが振り切りもはや瀕死の状態だ。詳しく書かれたサイトには「頚椎性の痛みはかなり強いことがあり、「腕を切って落とし…

深夜の西友には罠がいっぱい

あんこ以外になにか好きなものをあげろと言われたら、枝豆でしょ。次いで黒豆を煮たのに、そら豆も酒の肴にいいねぇ。健康食としては納豆もいいし、最近はロカボナッツ辺りもお気に入りのひとつだ。 全部、豆じゃねぇか。はい、そうです。豆というなら血豆に…

サンバでもボサノヴァでもなく河島英五な珈琲屋@「ブラジル」

「えぇ~、いってい『ブラジル』ってぇのはどんな汁だい?」 「そりゃ、おめえさん、『なんべえ』でも飲めるってもんさね」 お後がよろしいようで。 いきなり巻末から始まる巻頭文はここまでです。 というわけで、此度は日本の裏側「ブラジル」に足を運びコ…

髪結のパパ

中学の頃は髪の手入れが面倒だからと(彼女の母親曰く)常にショートボブにしていた長女だが、高校に入り伸ばす様になった。単に自分が美容院に連れて行かなかっただけという理由も無きにしもあらず。ま、本人に伸ばす意思があるのならば別に無理して髪を切…

ギンギラギンにさりげなく地味

「親父、銀色のスプレーって持っとる?」 「なんだ、頭にでも塗るのか?」 「ちゃう、車」 真面目に返事するなよ。多少はボケろよ。どうやら育て方を間違えた様だ。いや、正しかったのか?まぁいい。 「何に使うんだ?」 坊主の車のどこを探しても銀色の部位…

あれから40年。

今がその時ぞ、とばかりに飲食店は年末モードに突入。週の始末を問わず宴会予約がどんどんと舞い込む。なんかね、またぞろコロナが蔓延し出しすその前に、飲めるうちは飲んでおこうという利用者側の焦りをも感じられてしまうんだよね。実際にそう、口からこ…

名残のPayPay、20%還元最終日

さすがにスタッドレスタイヤに交換した方がいいだろ、ってことで、朝飯前にちゃっちゃと片付けはしたのだが、ほら、例の頚椎症性神経根症が全く改善の余地を示さず相変わらず痛みと戦いながらの交換だったので便宜上「ちゃっちゃ」とはしたものの、実際の動…

♪ニューヨク・ニューヨク♪

♪こなぁ~ゆき~ねぇ、ふふふふんふんふんふん、た~ららららららぁ~♪ レミオロメンな早朝の仕入れを済ませるとその後は配達に奔走する。いや、マジで積もらなくて良かったよ。雪道はスリップ事故の経験があるだけにマジでビビリな自分がいる。走り屋転じて…

別にプレートでなく丼でも良いと思った@松屋の「牛プレめし」

仕入れの時間が余りに押してしまった。マッハで帰宅したところで長女の通学の時刻に間に合いそうにない。となれば仕方がないと開き直り、慌てず急かさずゆっくりと、スロースロー、クイッククイックと道中四十八手を駆使すべく帰宅の途についた。長女は嫁が…