氷の上のさかな

氷の上にディスプレイされたさかなの様にセカンドライフをキラキラとさせる為に今を頑張ろうといったシュールなお話。

うんにゃろう、舐めやがって!

おいおいおいおいっ!

どうしたってんだよ、この傷は!ちっくしょう~いったい、誰だやりやがったのは(怒)

 

昨朝のこと、市場で荷物を積み込もうとしたところ、気がつかなきゃイイのに、ふと気がついてしまった。いや、気づくよそりゃ。一目見ればそれとわかるもん。その瞬間、

「あー!」

だわ。

f:id:Croquis009:20200929141838j:plain

f:id:Croquis009:20200929141852j:plain



いつどこでやられたのかが全くわからない。昨日までは間違いなく何処もなんともなかった筈だ。いわゆる「当て逃げ」被害と考えて良いだろう。恐らく市場内のどこかでということになるのだろうが、車を止めるのも場内あちらこちらのことなので、それがどこだかは特定が出来ない。

 

正直、市場での「当て逃げ」も今に始まったことではない。置き場所が良かろうが悪かろうが関係ない。市場にいる人間の殆どが自分さえ良ければいいと思っているからだ。あくまでも経験上のことなのだが、経験に裏付けされた確固たる自信がある。

 

一旦停止は時と場合によりけり。交差点での左方優先は関係なし。常に早い者勝ち。ねこ(台車)をぶつけて車が凹むことがあったとしても、そんな所に車を置く奴が悪い。実際、自分も4箇所ボコられ可愛くもないエクボが出来ている。

 

20年以上前と比べ昨今は客足も減り、場内も少しは車で移動しやすくなってはいるものの、その分、スピードも出るので接触事故を起こしそうになったことなど何度もあるし、実際に真横から軽トラックに突っ込まれたこともある。88歳の老婆だったが、高齢者がハンドルを握る姿もごく普通に見ることが出来る。

 

フォークリフトが荷物を積んだまま車道を走るのも当たり前ならば、逆走なども日常茶飯事だ。赤信号も車が来なけりゃ大丈夫。自分の記憶が定かならば、いずれも道交法違反となる気がする

 

まぁいい。いや、ちっともよくない。

 

というわけで、何度目かの泣き寝入りを強いられることになるのだが、覚えとけよ!見つけたらタダじゃおかねぇ。10,000倍返しだ!(一度も観たことがないのでイメージです)。物理的にどうお返ししたら10,000倍になるのだろう。

 

万が一、自分が加害者になってしまった時には潔く名乗りでるつもりだ。当然、そこに被害者がいたらだが。いなかったら…、まぁ、その時はその時で考えよう。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ
にほんブログ村